賃貸納得情報ステーション

ようこそ♪「賃貸納得情報ステーション」

当サイト「賃貸納得情報ステーション」は、賃貸について調べている人へのお役立ち情報サイトです。
豊富なサイドメニューを参考にして貴方の賃貸探しにお役立てください。

 

適当に賃貸物件を契約してしまうと、後になって「住みにくい」「イメージと違う」など全く理想的では無いと後悔をしてしまいます。
引越しが迫っている時に適当に決めてしまいがちですが、長期間住む自宅なのですからじっくりと探していきましょう。

 

今の日本には分譲で売り出される物件よりも賃貸物件の方が圧倒的に多くなっています。
それだけ賃貸の需要が多いということもあり、人気のエリアの賃貸物件はすぐに埋まってしまうので早めに動く必要があります。
賃貸物件探しで最も大切なことが、情報収集をすることと、自分の条件を優先順位を付けてメモをしておくことです。
優先順位の中でも絶対に譲ることの出来ない条件を把握しておき、下位から消していくようにしましょう。

別れさせ屋
別れさせ屋
http://renai-kobo.com/

車 金融おすすめ
車 金融は
http://www.kuruma-kin-u.info/

akasaka restaurant、今すぐアクセス
akasaka restaurant
http://restaurants.andaztokyo.jp/en/andaz-tavern-dining/

免許合宿のことなら
免許合宿の専門
http://www.menkyo-designer.com/

カテキンの専門
カテキンならおまかせ
http://www.suplinx.com/shop/e/eegcg/




賃貸納得情報ステーションブログ:29-8-16
俺がたしか4、5歳の頃。
お守り袋の中に何が入っているのか気になってしかたなく、
こっそり開けてみたことがある。

結局、中身が何だったのか、
今となってははっきり想い出せないが、
何か小さな、金色の仏様のようなものが入っていたような…気もする。

ともかく、
その後しばらく「お守り作り」が「マイブーム」となり、
紙で作った袋の中に金色の折り紙で折った小さな兜を入れて、
「お守り」だと言って、俺は家族に「プレゼント」していた。

それから十年以上の時が経ち、
俺は高校生になった。

当然、昔、
幼かった俺が自己満足で作ったお守りのことなど
記憶の彼方に消えていた。

…が、ある日、母親から、
これを覚えているかと、
ホッチキスでグチャグチャになった紙きれを見せられた。

お父さんは「これを持っていると事故に遭わない」とか言って、
その「自称お守り」をずっと財布に入れ続けているという。

お父さんの性格からして、
単に財布に入れっ放しだったということも考えられるが、
それを差し引いても、
高校生の私に何やらジワ〜っと感じ入るところがあった。

しかし、
お父さんには自分が少々感激してしまったことはもちろん、
お守りの存在を知ったことすら言わなかった。

お父さんと会話が出来なかったわけではない。
ただただ、思いも寄らなかっただけである。

更にまた時は過ぎ、お父さんは他界した。
最後の財布の中には、お守りもどきは無くなっていた。

結局、
お父さんとはお守りがどうこう…という話はしないままだった。
でも、俺はそれで良かったとも思う。

お守り袋の中身同様、大切なものは、
その存在の手触りを時々確認できるくらいで良い…と
俺は思う。

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます〜

このページの先頭へ戻る
賃貸納得情報ステーション モバイルはこちら